ウェブサイトとその仕組みとは

こんにちは、「ウェブマスター」です。本日も宜しくお願いします。
本日は「ウェブサイト」について軽く話して行きたいと思います。まずウェブサイトとは、どういうものかというと、ウェブサイト 又はホームペーは、、world-wide-web 略して www上にあります。

一般に特定のドメイン名、httpから始まるURLというアドレスの下にある複数の記事ページの集まりのことです。 サイトと呼ばれることもあります。 企業、団体が自身の紹介するページなどを公式ウェブサイト又は公式ホームページと呼びます。

少し分かりづらい言葉ですが、簡単に説明すると「ネット上」でみんながいつでも、どこでも見れるようにちゃんとした場所に記事を保存してある場所の事です。それが「サーバ」と言います。

「サーバ」は、様々なサーバがあり、ウェブページを保存するサーバの事を「ウェブサーバ」といいます。人によって、wwwサーバ、httpサーバなど… 呼び方がさまざまですが、意味合いは一緒です。ちなみに、そのウェブを観覧するときに使われているツールのことを「ウェブ・ブラウザ」といいます。

「ウェブブラウザ」は、色んな種類があり、例えば、次のようなもの等です。

  • IE ( Internet Explorer)
  • Firefox
  • Google Chrome(特にスマートフォンAndroidデフォルト搭載)
  • Safari(Mac OS用)

これらのツールを使って、wwwサーバ上に保存してあるさまざまなホームページを観覧して、情報収集している訳です。

では、「ウェブサーバ」はどうやって出来上がっているのか、どうやって作るのか、初心者でも簡単に作れるものなのかについて、別の記事で紹介して行きたいと思います。

Share Button

コメントを残す


6 + = 9

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>