自宅サーバ VS レンタルサーバー

「ウェブマスター」は、自宅サーバについて、色々挑戦してきましたが、「自宅サーバ」でいいのか、「レンタルサーバー」でいいのか、どちらかに集中していくか、未だに、結論をさせていません。理由はさまざまで、それぞれメリットとデメリットがありますので、両者のメリットの部分を選択して、レンタルサーバーも自宅サーバも両方運営しております。

もちろん、「自宅サーバ」にして、「レンタルサーバー」にしてそれぞれ、メリット、デメリットがあります。それについて少しお話ししたいと思います。

自宅サーバの大きなメリット:これはもちろん、そのサーバの全ては自分が所有しているので、使い勝手は自分次第というところです。フールコントロールです。レンタルサーバーで制限されたサーバ容量、設定可能なメールの個数などです。

自宅サーバですと、自分が持っている全てのリソースは無制限なので、そういう心配がありません。メールアドレス設定し放題、マルチドメインを設定し、同じサーバに複数の独自ドメインを運営することも可能です。

サーバの充分な容量があれば、ドメインが増えることによって、月々払っているインターネット料金、電気代などは特に増えることなく、理由することができます。その反面!

デメリット:自宅サーバということですので、ある程度のサーバ知識、構築ノウハウが必要になります。ドメインが増えるということは、その費用も増えるという意味です。

レンタルサーバーでしっかりしたセキュリティ対策に対して、自宅サーバにも「Firewall」などのセキュリティ構築知識も要求されています。

両方のメリット・デメリットをよく考えてどちらにするのかは自分にあったサーバの最適運営方法を見つけましょう。

Share Button

コメントを残す


8 + = 10

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>