WordPress 記事のIDを指定して投稿する方法

WordPressブログに記事を投稿した際は、各記事に付与されているIDが存在します。それは『投稿-ID』又は”Post-ID”を言います。

日々投稿していく記事が増えて行くにつれ、IDもランダムに増えていきます。ある日突然ある投稿を削除してしまって、以前と同じ内容の記事を投稿しても、IDが増えて行くので同じ投稿IDで投稿することはできません。

しかし、

WordPress記事のIDを指定して投稿する方法を発見しましたので、紹介しちゃいます。削除してしまった記事のIDと同じ投稿IDで記事を投稿することができます。

<手順>

例えば、post-id=1で記事を投稿したい。
やることは下記です。

– WordPressにて新しいカテゴリを一時的に作成、例:cat1
– このカテゴリ内に記事を適当に投稿、IDが付与されるので、メモ。
例:?p=99
– WordPressツールを使って、cat1カテゴリ内に全ての投稿をエクスポートする
– エクスポートしたXMLファイル内にIDが記載されている三カ所を見つける

1. <link>http://domain.com/?p=99</link>
2. <guid isPermaLink=”false”>http://domain.com/?p=99</guid>
3. <wp:post_id>99</wp:post_id>
– 上記ID:99を変更したいpost-idに変更する。例:1に

1. <link>http://domain.com/?p=1</link>
2. <guid isPermaLink=”false”>http://domain.com/?p=1</guid>
3. <wp:post_id>1</wp:post_id>

– XMLファイルを上書き保存して
– WordPressツールを使って、このファイルをインポートする。

すると url: 『http://domain.com/?p=1』が投稿されます。記事内容を修正して完了です。

いかがでしょうか…

少し面倒ですが、もしSNS色んなところに元の投稿IDの記事のリンクを張っていて、このID(url)が復帰したことで、サイトのPVアップへの影響が大きいと思います。

Share Button

コメントを残す


+ 2 = 10

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>