Buffalo NASからデータ救出 Ubuntu 11.10

「Buffalo NAS」故障時の対処方法についてご紹介します。
実際に管理者が経験した「故障 Buffalo NAS spec」からご説明します。

<環境>

NAS:LS-WVL0D9 LAN Disk
HDD:HDDx2 (1TBx2) RAID1 Seagate 64MB Barracuda 7200.12 (2 Disks)

<今回の現象>

NAS起動時に赤いLED点滅し、たまに電源が自動OFFとなったりします。起動出来た時、IE(Web User Interface)でLoginし、2つのうちのHDD1がmissingと表示されています。RAID1のHDD1が故障と思われますが、NASが再び自動電源OFFに。その後、何度電源OFF/ONを試みてみても反応なし。
この時点本体までLoginできなくなりました。HDD故障の影響で本体まで故障かちょっと不明。どっちみちNASはもう使えませんので、中のデータだけは撮っておきたいので、HDD2を取り外してデータを救出することにしました。

<対処手順>
  1. XFSファイルシステムを読むため、Linux Ubuntu 11.10 HP Micro Serverに接続する(USB 経由)
  2. Driveの状態を確認
    • # fdisk -l
    • LinkStation は /dev/sde GPT 構成であることが確認できます。
  3. パーティションの状態を確認
  4. GPT は fdisk で確認できないため、partedコマンドで確認する
    • # parted -s /dev/sde print
    • No.6 のサイズが大きいので該当データのパティーションがも
  5. LinkStation をミラー構成にしていたため、RAIDアレイを編成します。
    • # mdadm -Es >> /etc/mdadm/mdadm.conf ※事前にバックアップ
    • # mdadm -As
  6. アレイの状態を確認
    • # cat /proc/mdstat
    • sde6 は md2 で開始していることが確認できます。
  7. md2 をマウントする。
    • # mkdir /mnt/disk
    • # mount -t xfs /dev/md2 /mnt/disk

RAIDでなければ mount -t xfs /dev/sda6 mnt/diskで直接マウントが可能かも!!!

Share Button

コメントを残す


7 + 6 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>