初めてのウェブサーバ

どうもウェブマスターです。
毎日、ニュースを呼んだり、ブログを呼んだりして、普段観覧しているウェブやホームページなどは、どうやって作られているだろうと思う人いるかと思います。そう思うあなたは、「ウェブサーバ」というものに興味を持ち始める頃と言っていいでしょう。そう!初心者あなたのために、Step-By-Step 答えていきたいと思います。前回「サーバ」と「クライアント」について軽く説明したかと思います。簡単におさらいしますと「サーバ」はサービスを提供側、クライアントはサービスを受ける側です。

ウェブサーバを構築するということは、あなたは「サービス」を提供する側の人間になります。さー!ウェブサーバの基本から説明して行きましょう。ご存知だと思いますが、ウェブサーバとは皆さんが観覧している記事などが保存されている場所のことを示しています。ウェブサーバをつくるために、以下のようなツールが必要になります。

  • パソコン(サーバ機)
  • サーバOS(Linuxなど)
  • Apache(http)と呼ばれる「サーバアプリケーション」

多くのウェブサーバは、UNIX系OSが使われています。最大のメリットとしましては、無料であることです。さまざまな無料アプリケーションを簡単に構築することができます。

ここでいう簡単は、もちろんある程度のUNIXコマンドの知識を知る必要があります。だが、初心がつくれないことはないです。ネット上で検索すれば、作り方を分かりやすくまとめてあるサイトがたくさん転がっています。

当サイトも、今後の記事で、具体的にウェブサーバの構築を触れて行きたいと思います。本日の記事はここまでしたいと思います。

Share Button

コメントを残す


5 + = 7

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>