Ubuntu 11.10 mdadmを使ったRAIDの構築

<概要>
System hdd:/dev/sda
Data hdd:/dev/sdb /dev/sdc /dev/sdd
RAID5構築

<目次>
1.RAID5作成
2.作成RAIDの確認
3.設定ファイルの作成
4.フォーマット
5.マウントポイントへマウント
6.再起動時の再マウント
7.マウント先が変わる防止
8.UUIDをfstabに追加

<手順>
1.RAID5作成
$sudo mdadm –create –verbose –assume-clean /dev/md0 –level=5 ¥
–raid-devices=3 /dev/sdb /dev/sdc /dev/sdd

2.確認
$sudo mdadm –detail /dev/md0

3.設定ファイルの作成
$sudo mdadm -Es | grep md/0 >>/etc/mdadm/mdadm.conf

4.フォーマット
$sudo mkfs -t ext4 /dev/md0

5.マウント
$mkdir /hdd/data
$sudo mount -t ext4 /dev/md0 /hdd/data

6.再起動時にマウント先が変わった場合はlsで確認して再度マウントする
$sudo ls /dev/md*
/dev/md124
$mount -t ext4 /dev/md124 /hdd/data

7.マウント先が変わる防止(自動マウント設定&UUIDを確認)
$sudo tune2fs -l /dev/md0 |grep UUID
/dev/md* は変更される場合があるのでUUIDを使う。
mdadm –detailで得られるUUIDとは値が異なるので注意が必要

8.UUIDをfstabに追加
$sudo vi fstab
UUID=省略 /hoge ext4 defaults 0 0

<RAIDの削除>
sudo mdadm –stop /dev/md0
sudo mdadm –remove /dev/md0
sudo mdadm –zero-superblock /dev/sd[abcde]

Share Button

コメントを残す


9 + = 12

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>